バルーン針の作り方 マスシャクリの作り方 イカ角の組み方 
   

 

   







 風船針【漁漏長バージョン】の巻き方
                                                                 
拡大版 
手抜き拡大版】  
   まずは自分の気に入ったゴムの形を決めて、薄いプラ板で型を作りましょう。
   ゴム型どりの必需品です。
   細めのボールペンなどで、無駄なくなぞってから切るとスピードアップ。


   ポイント1 
  ゴムの巻きだし(下巻き右端)まで下巻きをゴムの滑り止めとして巻くことです。
   巻いた時点では大丈夫でも徐々にゴムのテンションに負けることが多い。
   (因みにこの針はスズキ20号)
わしの好きな五目針です
   通常、ソイ・ヤナギ狙いには18号を使っています。


   ポイント2
   巻き出しから折り返しまでは、かなりテンションをかけて巻く。


   ポイント3   
   折り返しまではゴムが重ならないように巻く。太くなりすぎる為。
   100均の薄い風船なら大丈夫です。


   ポイント4   
   これは折り返して右側に巻き上げて行ってる画像です。この時は1/2重ねで巻きます。
   少しボリューム感を出すのと、見栄えを良くする。


   ポイント5   
   この1/2重ねのピッチを大きくしたい場合はゴムの切り方を太く調整すれば良いのですが、
   その太さのままだとハリスを巻く部分が難しくなってきますので、
   ゴムの切り方が非常にやっかいなので止めた方が良いです。


   ポイント6   
   この時点でゴムの位置はここになくてはなりません。次の工程がやりずらくなる。


   ポイント7   
   画像のように半欠けで!ここを上手に。


   ポイント8   
   針が見えなくなるように折り返す。この時、針のつぶし部分の角が鋭利になっている場合は
   ゴムが破れるのでヤスリで面取りをしておくことです。


   ポイント9  
  ハリスを巻く部分なので、太くならないように重ねないこと。 また、ハリスを巻いて絞ると
   ゴムが食い込みやすいので、ここもテンションをかけてガッチリ巻きます。


   仮止めする部分にゴムを溜めて巻く。


   溜めて巻く理由は、ハサミを入れた時に仕上がり部分までハサミの先が届かないようにするため。
   切りやすくもなります。


   余った部分を引っ張りながら切断


   ハサミで真ん中から切り込みを入れます。
   このままでも面白い針ですよ!潮の抵抗を受けやすいため、泳ぎやすい針になるかと思います。
   アオゾイやヤナギ、ホッケなどは餌を付けないで使用します。

   こんなところでどうでしょうか?
   みなさん、釣れる保証は無いですが、わしはこれで何時も大漁!
   但し、魚がいればの話です。
   あくまでもご自身の腕が何よりの仕掛けですから!!(笑)
   クロやマゾイはこれに餌を付けて使用してます。

   風船の大きさ、目安にして下さい
    針の種類によっては無駄な切り方になってしまうからあくまでも目安。
   右下はソウハチ用に巻いたネムリ18号の針です。
   このソウハチ用の大きさだとかなりの数が取れます。
   結構良い仕事してくれたソウハチ針でした。静内・芳栄丸で実釣済みです。


 





マスシャクリの作り方                                              拡大版
 

   2008年 10年ぶりに始めたサクラマス釣り・・・
   釣って綺麗なサクラマス、引きも良いサクラマス、食べても美味しいサクラマス
   それを船から専門に釣るには「バケ」「シャクリ」なる道具が必要です。 
   シャクリは数ある中でも象牙を使用した物で3万円前後・・・落とした事を考えると安心して使えない!買えない!!
   そこで自分で製作し浮いたお金で乗船回数を増やそうと考えた。また自分で作ったシャクリに魚が付けば「より嬉しい!」
   製作過程はほとんど我流ですが”まんぼうさん”にもお手伝いを願いました。
   また寸法の取り方とアワビの貼り方はこちらのHPを参考とさせて頂きました。
   シャクリの寸法等の解説は「
北海道を釣れ」さんをお手本とさせて頂きました。
   アワビの貼り方は
Trout.Lure.Fishing.in.積丹」さんをお手本とさせて頂きました。
   2009年11月19日新たにマスシャクリの作り方をUPしました。
   以前の方法は鉛を流し終えてから鉛を削る作業が大変でしたが試行錯誤の結果 
   鉛面も綺麗、重さも一定で手軽に製作する事が出来ましたので新方法として改めた次第です。
   仕げのコーティングもウレタンコートのどぶ漬けのみですから安価で手軽なのが良いですね。
   機械類は最低限の2種(ベルトディスクサンダーとマルチホビーグラインダー)が必要です。
   この2点は切る削る磨く穴を開ける為に使います。
   手作業では難儀する工程も短時間で行う事が可能です。価格も安価な物で十分です。ヤフオクで中古の品が沢山出てます。
   高級なシャクリを1本購入したと考えてご購入下さい。2点で1万数千円で揃える事が可能です(笑)
   今回はヘッドは鹿角、鉛部分は蝦夷アワビ&メキシコアワビ貼りの2本を同時に製作しました。
   初めて挑戦される方は蝦夷アワビを使って下さい。
   真珠層も厚く貝も薄いので貼るのに適してますし出来上がりも良いです。
   また海岸で拾い集めると材料代も安価にあがります。私自身も沿岸で拾い集めたアワビ殻を使用してます。

   友人のハンターが駆除で獲った蝦夷鹿の角を頂き冷凍庫にて保存してました。
   使えそうな部分を約11cmの長さでカット(余った部分は再度冷凍庫で保存)
   切った角は血が出てくるほど新鮮ですが匂いもキツイです。
   昔から「新鮮な角を使え」と言われてますが本当の事は分かりません。
   普通2〜3年が使用限度ですが(ボソボソに劣化します)
   アワビを貼ると魚にアピールして大型が釣れるのでは?なんて思って作ってます(笑)
   昔はただの鉛だったのだからこれも本当は謎ですが。
   100均にてアルミ板を購入。
   これで芯になる鉛の型を作ります。右下の寸法でカット*この寸法はアワビを貼る場合のみです*
   鉛が冷めてアルミ板を外すと帳面に凸凹もなく直ぐにアワビを貼る事が出来ます。
   この寸法だと重量もほぼ一定。
   バビットを入れ過ぎますと軽くなりますが10〜15%で加減して下さい。
   またアワビで巻きますので強度はかなり増しますので使用に関しても問題は無いと思います。
   今回使用する材料
   これに砲金が加わります(砲金に関しては無くてもOK)
   ・両面テープ
   ・カット済みのアルミ板
   ・瞬間接着剤
   ・鹿角
   ・アワビの貝殻(蝦夷アワビ&メキシコアワビ)
   *蝦夷アワビは以前使った余り物です*
   *メキシコアワビも同上*
   *貝の表面の汚れはルーターで取り除いてます*
   補足・メキシコアワビはヤフオクでスクラップ500g2000円を購入しました。今まで数本作ってもまだ余ってます。
   メキシコアワビ・白、黒蝶貝は殻が厚く直ぐには使う事が出来ません。先ずは屋外でグラインダー等で表面の
   黒い部分を大胆に削り取ります。使う厚さは0,5o程です。残り1〜2o程になると真珠層が出て来て見てても分かります。
   但し黒蝶貝を使用する場合は真珠層の白い部分と黒?茶?の微妙な部分を残すように加工していきます。
   切り出したアルミ板を鉛筆等を使い丸みを持たせます。
   この形が芯になるので丁寧に!
   合わせて図の寸法になればOK!()内の寸法は反対側
   マスキングテープで両方を貼り合わせます
   鹿の角に太くて長い木ねじを1本打ち込みます。
   他にぶれ防止の為細長い木ねじを2本打ち込みます。
   打ち込み終わりましたらネジの頭をカット(後で邪魔になりますので)
   木ネジ3本は上のアルミの筒の中に納まる位置で打つ事が大事です。
   合わせたアルミ板を角と合わせる。
   角とアルミ板が真っ直ぐになる様に
   マスキングテープで隙間無くシッカリと巻きます。
   *難しいと思った人は100均から紙粘土を購入し これで
   角とアルミ板を押さえてからテープで巻くと隙間もグラつきも無く
   安定させて鉛を流しいれる事が出来ます*
   万力に挟んでバビットを足した鉛を流し入れます。この寸法に流し入れると220g前後のシャクリになります。
   *鉛を流し入れる時に容器の注ぎ口をガスバーナーで熱しながら入れると失敗は減ります*
   鉛入れを失敗して空洞が出来たらやり直しして下さい。バーナーであぶると直ぐに溶けます。
   角の付近は短時間で行って下さい。角に焦げ目が付くと仕上げの時も残りますので・・・
   角の付近に多少の鉛が残っていても支障はないと思います。
   鉛を流し入れ水中で冷ましました。
   バリを削ると
   砲金を付ける場合は砲金の厚みを足して11,5cmに
   なるようにカットします。
   鉛の部分にドリルで針のヒモを通す穴を開けておきます。
   穴は2oでOK
   砲金を付ける場合はこの後に半田付けして鉛部分と砲金を固定します。
   2oの穴を開けた所
   *穴を開ける前にオイル1滴を垂らすと綺麗に開けれます
   雑品から出て来た得体の分からない金属・・・黒式砲金?
   これを私は金鋸で切り穴を開け
   穴の角を取って使用してます。
   (型は最後に形成しますのこのままでOKです)
   芯の穴と砲金がずれないように(つまようじを通し)固定
   して半田付けします。
   *ようじが取れなくても安心して下さい。最後にドリルなどで簡単に削り取れます*
   フラックスを使うことで綺麗に固定出来ます。
   最後に汚れを洗剤を付けた歯ブラシ等で洗い流して下さい。
アワビ貼りの開始
   この工具ですが安価な物で
   マルチホビーグラインダー
   付属されているルーターを主に使います。
   貝を切ったり磨いたりするのに必要です。
   ヤフオクにて新品で¥5000円ほどです。
   ダイヤ刃は100均物です。
   ビットは他数種類(○とか△)があると重宝します。
   指で押すと止まる様な非力な刃物砥ぎ機です。
   *マルチホビーグラインダーの砥石も代替出来ます*
   これで厚みのある貝を0,5mmほどまで薄くします。
   蝦夷アワビを使用する時は殆ど使いません。
   (貝が厚いと曲面に貼る事は 不可能です)
   使いたい大きさにルーターのダイヤ刃でカット
   その表面をダイヤ刃にて黒い部分を削り取ります。
   この作業が仕上がりの美しさを左右します。

  凄い粉塵が出ますので掃除機で吸い取りながらか
   外で作業を行って下さい。
   マスクは必需品です。
   喘息になる恐れもありますので要注意です。
   表面が綺麗になったら
   両面テープをアワビの身が入ってた方に貼ります。
   *アワビを金槌で細かく叩き割るので強度が必要です*
   両面テープは中に芯の入ってる強いものを使用します。
   ホーマッ○にて売ってます。
試すと分かるのですが仕上がった時の輝きが違います。
   両面テープを貼ったアワビを紙に挟んでアンビルの上で
   万遍に金槌で叩きます。
   細かく割る事で曲面でも綺麗に張る事が出来ます。
   アワビが厚いとテープに付かなくて落ちてしまいます
   これを防ぐ為に薄く薄く削るのです。
   割り終えたらアワビを取り出し両面テープ裏の
   ツルツルの紙を優しく剥がして貼りたい面に貼り付けます。
   決まったらしっかり押さえつけ密着させ瞬間接着剤を
   タップリと塗布します。
   この繰り返しで半面を貼り終えます
   *瞬間接着剤はケチっては駄目です。
   アワビ・テープ・鉛部分を接着剤で一体化させるのです*
   半面を貼り終えたら乾燥させます。
   乾いたらはみ出てるアワビをルーターでカットします。
   物差しが当ってる面が直線になる様に。
   この部分が(合わせの部分)になります。
   糸の通す穴が分かるように印も忘れずに付けます。
残り半面を貼ります
   揃えた側面と隙間が出来ないようにアワビを貼ります。
   貼り終えたらタップリと接着剤を乗せます。
   後は一昼夜置いて完全に乾燥させます。
   デコボコ状態でガチガチに固まってる状態です
ここから研磨開始です
   これがベルトディスクサンダーです。
   木工用で十分です。新品の物でも1万円台・・・
   これはヤフオクにて中古を1円万ほどで購入しました。
   私はこれに掃除機をセットして使用してます。
注意・モーターからの動力の伝達は細いベルトです。金属、角、歯類、貝など硬い物を研磨して無理がかかり
よくベルトが切れます。2〜3本予備としてお持ち下さい。ベルト自体は数百円で安価?な物です。
   ディスクサンダーでアワビの余分な部分を削り取ります。
   その時砲金部分も一緒に形成します。
   側面部分は角とアワビ部分に段差が無くなるまで削ります。

  機械研ぎなので研磨のし過ぎに注意を!
   アワビ部分は再度貼る事は出来ますが角は無理です。
   悔いを残さない為にも慎重に。
   こまで出来たら殆ど完成です。
   後は鉛部分と角の部分を見ながら削れば良いのです。
  何度も確認しながら少しずつです。
  シャクリの寸法は北海道を釣れさんをご参考下さい
   形は左右対称にならなくてもOKです。
   大まかに削るとあとは手仕事
   アワビ部分と角を180番〜320番まで
   順に紙やすりをかけます。

   粉塵が凄いので注意して下さい。
   最後に磨いても取れない貝の汚れを△ビットで
   削り取ると仕上げ後も綺麗に見えます。
   最後に先ほど付けた印の所でアワビに△ビットで
   穴あけします。
   糸を止める場所は通す穴の直径より大きめに作ります。
   ○ビットを使い少しずつ広げて下さい。
固形研磨剤を使い研磨の仕上げ
   赤棒・白棒・青棒
   固形研磨剤
   http://page17.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/v125673735
   角や牙の仕上げには白棒を使用します。
   傷などに入り込んでも綺麗に見えます
   使い方はグラインダー等に布バフを取り付け研磨剤を
   擦り付け磨きたい面に当てて使います。
   磨きたい部分以外は汚れないよう養生して下さい。
   アワビ部分を赤棒
   角の部分は白棒にて研磨しました
   このままでも使用出来ます。が
   私はウレタンコートどぶ漬けを数度行い
   乾いた所で紙やすりで表面をならし整えて
   最後のどぶ漬けを行い完成させます。
完成
   角の部分は昔は米糠で磨いたり胡桃をすり潰して
   その油で磨いたりと乾燥から守る為に
   工夫がなされて来ました。
   私は胡桃をすり潰して塗りこみ密封して
   冷凍庫にて保管しました。
   来年3月の釣りが楽しみです。
今回の材料代は手持ちの部材を使いましたので0円です
ショップで買えば1本1〜2万円はするでしょう!
作業時間は1日1時間程度 7日間で完成しました。
これでサクラマスが釣れたら大儲けですね(笑)

ご覧頂いた方でもっと良い方法とかありましたら教えて下さい。
宜しくお願いします。またご質問等ありましたら分かる範囲でお教えいたします。



 


 イカ角の組み方「ヨリチチワ直ブラ式」
拡大版
 

拡大版が分かりやすいです

   2009年6月
   以前から疑問だったイカ仕掛けの角の遊び(枝ス) いったい何センチが妥当なんだろう???
   そこでYAMASHITAA社にメールにて問い合わせてみました。   ご回答を頂いたので下記に記載させて頂きました。

 「おっぱいスッテ」はいかがでしたでしょうか?
 関東でのイカ釣りでは多くの方々にご活用頂いておりまして、非常に高い評価を得ている商品でございます。
 ソフトな感触や浮力がイカに非常に有効ですので、きっと釣果のお役に立てると思います。
 さて、ご質問頂いた件ですが、お役に立てるかどうか解りませんが、早速ご回答させて頂きます。
 
 まず、角の「遊び」とは、枝スの長さのことで宜しいでしょうか?
 添付されました画像を見るとヨリチワワの直ブラ式となっていますが、普段は直ブラ(短枝ス)式で使われている様ですね。
 直ブラ式は当社の基準では枝スは1cmとなっています。
 直ブラ式の利点は竿を振った時に動きがダイレクトに伝わるのと、アタリが伝わりやすいことが利点となります。
 枝スを短くすればより角の動きやアタリはダイレクトになり操作性に富んだ仕掛になります。
 逆に枝スを長くすれば角の動きやアタリは伝わり難くなるため、操作性はなくなりますが、その代わりに
 イカが角に触れた時の抵抗が弱まるため、 イカ に対して違和感なく抱かせることが出来ます。
 高活性時はバンバン角を躍らせて抱かせるため短枝ス、低活性時はイカに違和感なく抱かせるため長枝スがいいという感覚でしょうか。
 釣行される北海道はイカの量も多く活性も高いですから短めの枝ス(1p前後)がお勧めだと思います。
 ラインのダブル、シングルの件ですが、大型のイカがバンバン乗るときは仕掛に丈夫さが必要なためダブル、低活性で、
 乗るイカも小さい時はシングル というように使い分けるのが厳密に言えばいいのでしょうが、
 実際ダブルラインでも問題なく釣りができますのでダブルでよいかとは思います。

 お答えになっているでしょうか?・・・また何かございましたらメールを頂ければと思います。
 それでは、今後とも弊社並びに弊社商品のご愛顧を宜しくお願い致します。
 
   各種イカ角                塩ビ管で作った冶具。   保管、移動時はこの様に使用します
(イカ角は無くなるまで使えます・・・)
イカは自分より大きい物は襲わないらしい・・・シーズン始めの仕掛けは小型の針をお勧めします。
  
1・使用する本数のイカ針に糸を通します  2・最初の一本目から組んで行きます
 
 
 3・輪を作りこの様にイカ針をくぐらせます。          ↑   締め込んだ所  ↑            
 
4・反対側も同じ要領でイカ針をくぐらします。  ↑ラインのクロス部分    締め込んでいきます
   5・締め込み完了          6・ラインで輪を作りエダスの出し方の要領での様に。
                                              3〜4回はクロスさせる事
7・くぐらせた所              8・くぐらせたら左右に静かに引っ張る
        (注意)図Bカーペットまたは何かに針を引っ掛けテンションを掛け締め込みます

  
枝素は1〜1,5cm   これで1本完成です。あとは順次繰り返して組みます
 
ヨリチチワ 直ブラ式ビーズ仕様
枝スに夜光玉を入れた組み方)